書物から学ぶ

本を読んでいると身につまされることもあるし、それよくわかるよってこともあります。
今日のは「言うのがめんどくさい、他人とぶつかるのはめんどくさい、相手が話しを聞いてくれない、自分はがんばっているのに評価されないと自分で勝手に想像して怒っている」みたいな文章でドキっとしました。
あ。本の中のものをそのまま書いてませんよ?
みたいな言い分ということです。
これって誰にでもあることですよね。
相手に反論せずに自分の中にだけためて精神的にイライラしたり怒ったり落ち込んだり。
私も完全にこれと一致するなと思いました。
話し合って改善していくべきことを、言えないのはよくあります。
ここで勇気を持って言うべきことを飲み込むことも。
本からいろいろ考えさせられました。