歴史の一部話し

現在はコンビニよりも歯医者が多い時代です。
戦国時代にも歯科医師がいて薬や治療をしていたってご存知ですか?
歯が抜けてしまった人のために入れ歯があったのです。
今とほとんど同じように見えるもの。
柘植の木や象牙や石でつくられている石が歯のかわりです。
徳川家康は入れ歯だったのは有名ですね。
江戸後期に作られたと言われるものは歯の部分に鋲が打たれている
戦国時代の取り調べは容疑者を痛めつけて自白させていました。
すのこにくるんで、首まで水につける、膝にキリを突き刺すなど。
その他おもしろ話しは、手柄をあげたのは誰なのか戦中にチェックする人がいたそうです。
嘘をついて手柄を横取りしようおとすると死刑になる可能性がある。
誰に首なのか捕虜を連れてきて証言させるなどなど。
歴史は好きじゃなかったですけど裏は話しは好きです。