指の関節を数える

指で数を数えて下さいと言われたら、なんの迷いもなく指を折り曲げますよね?
親指からか、小指からかの違いくらいしか考えられません。
しかし!!!
インド人はなんと20も数えられるんだそうです。
その方法は片方のてのひらをパーに開いて指の関節を数えていました。
関節の数で最後に開いて20だって。
そういえば、以前インド式の数学は桁が多くても簡単に計算できるというのがありました。
その方式を知っていれば確かに簡単です。
でも数学が苦手な私は少々とまどいました。
頭の回転が遅いと便利な方法とはいえそちらをマスターするのにみ時間がかかるわけですよ。
そして案の定、今はその方式についてはさっぱり忘れてしまいました。
でも指の関節を数えるというのは利用したいと思います。