謝罪の常識

謝罪をするときの手の位置とおじぎの角度まで気にするのは日本人くらいだと思いませんか?
テレビで謝罪方法のあれこれを見ました。
男性はつま先を拳一つ分ひらいて直立して相手を見て謝罪の言葉を述べてお辞儀は90度。
手は太ももの脇から自然に動かす。
女性はつま先は開かず、手を前に組む。
謝罪するお宅に上がるときの注意点はマナーとして役立ちます。
靴を脱ぐときに相手にお尻をむけてはいけない!
下駄箱がわに行き、正面に向きながら脱ぐ。
お尻は下駄箱がわの横に向けて、立膝でかかとを下駄箱がわに置く。
申し訳ございませんと良く言いますが正しくは、申しわけないことでございました。
丁寧語のことでございましたをつけるのがワンランク上の謝罪らしいけれどこれを知らない人に言ったらおかしな顔をされそうだから使えそうにありません。