ガッカリしました

何冊か続いているシリーズ物を読み始めたら短編集だったのでちょっとガッカリしました。
そしておよそはじめてとなる、脇役の視点での話しにも驚かされました。
なんとなく主人公に気があるんじゃないかなって思っていた女子高生は、とくに恋愛感情はないようでした。(笑)
続き物特有の『問題』はどうなったんだろうと思いましたが、たまにはちょっとした日常でもいいかなと妥協できる程度には面白かったです。
北海道出身の作者は物語も北海道にしているので、北海道あるあるがよく出てきます。
修学旅行で北海道に行ったことはありますがあんなの旅行じゃかったですね。
なんの思い出もないので「北海道に行った」とは言い難いです。
読み終ったら次の話しも読みたくなりました。

コメントは受け付けていません。